食べると赤ちゃんが発達障害に?妊婦が食べてはいけない飲食物まとめ

妊婦は葉酸サプリを飲んだほうがよいというのは、今や広く浸透し、一般常識になっていると言えるでしょう。

しかし逆に、妊娠中に食べるべきでないもの、食べてはいけないものについては、あまり知られていないかもしれません。

身近な食べ物、飲み物のなかには、胎児に障害の発生するリスクを高めるものもありますから、注意が必要です。

「妊娠中なので食べるものに気を付けたい」
「できるだけリスクは避けたい」

そのような方も多いでしょう。そこで当記事では、妊娠中の女性が食べてはいけないもの、食べるのを控えるべきものをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

妊娠中の女性が食べてはいけないものとは?

危険な食べ物
妊娠中の女性が食べてはいけないもの、食べるのを控えるべきものを以下にまとめてみました。

レバーやウナギの肝

レバーやウナギの肝には脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD)が豊富に含まれています。脂溶性ビタミンは体に蓄積しやすく、下手をすると過剰症になってしまいます。

ビタミンAやビタミンDの過剰摂取を続けると、胎児に水頭症や口蓋裂などの奇形が発生するリスクが高まります。体を健康に保つには、ビタミンA、Dは必要ですけれども、摂りすぎないように注意してください。

明太子やすじこなどの魚卵

魚卵には感染症の原因となるリステリア菌が潜んでいることがあります。リステリア菌に感染した場合に症状が重篤化することはほとんどないのですが、妊婦は免疫力が落ちているため、何が起こるかわかりません。

早産や流産のリスクを減らすためにも、妊娠中は魚卵を口にしないほうがよいでしょう。

パセリやセロリなど特定の野菜

パセリやセロリには、アピオールという栄養素が含まれています。これは古来より中絶目的に用いられてきた成分です。

中東では今も中絶目的でアピオールが使用されていますが、医学的には、妊婦が常識の範囲内でパセリやセロリを口にすることには何ら問題がないとされています。が、妊婦にとって良くない栄養素であることは間違いありません。

できるだけ避けたほうがよいでしょう。

コーヒーなどのカフェイン入りの飲食物

コーヒーなどに含まれるカフェインは、妊娠中の女性に必要不可欠なカルシウムや鉄分の吸収を阻害します。

また、カフェインを摂りすぎると赤ちゃんが発達障害を持って生まれてくる危険性が高まります。ただしそれは摂りすぎた場合であって、コーヒーを1日にコップ1、2杯飲む程度であれば問題ないとされています。

たとえばアメリカ・カナダでは妊婦でも1日300㎎であればカフェインを摂っても問題ないとされており、イギリスでは200㎎です。

日本人の体格からすると、1日に150~200㎎を上限と考えてよさそうです。カフェインの含有量はコーヒー1杯に50㎎~100㎎ですので、1日に1、2杯であれば問題ないわけですね。

ちなみに、カフェインが含まれる飲み物はコーヒーだけではありません。インスタントの紅茶や、煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶にはコップ1杯に20㎎~40㎎、抹茶には50㎎、玉露には200㎎のカフェインが含まれています。

なんとコーヒーよりも玉露のほうが多くのカフェインを含んでいるのです。1日1杯飲むだけで上限に達してしまいますので、注意しましょう。

ちなみに最近では、ノンカフェインのお茶もありますので、そういったものを飲めば、カフェイン摂取のリスクに怯えることもないです。

妊娠中はノンカフェインの飲み物にこだわってみてもいいかもしれませんね。食生活に注意を払って、元気な赤ちゃんを産んでください!

妊娠・妊活中に注意する事まとめ【葉酸サプリnow