家庭用脱毛器を選ぶ3つのポイント

家庭用脱毛器として販売されている製品を大別すると、フラッシュ式(IPL光)、レーザー式、熱ワイヤー式(熱線・サーミコン)とがあります。

その中でも特に人気が高く家庭用脱毛器の主流なのが痛みを感じにくく、顔などの産毛にも対応可能なフラッシュ式の脱毛器で短時間で脱毛ケアが行うことが出来、脱毛効果が高いのが特徴と言えます。

レーザー式は脱毛効果はありますが、少し時間がかかるのとあとは痛みを感じると言えますし、熱ワイヤー式は他と比較し脱毛効果が弱いと言えます。

ですがどの脱毛方式の場合もメリットとデメリットが存在するので商品を選ぶ際には自分の使用目的に適した製品かを確認することが大切です。

出力、安全性を確認する

安全性
脱毛のケアに必要な時間というのは脱毛器の照射面積、出力により異なります。当然照射面積が狭い場合は、1回の照射では少量の毛しか脱毛することが出来ずに打ち残しも多いので、キレイに脱毛するのは難しいと言えます。

あと出力が弱いと効果が低くケアに時間がかかり面倒になってしまいます。ですが出力が強いとその分痛みや肌荒れ等の心配も必要となりその点も考慮することが重要です。

顔の産毛、ワキのみの狭い範囲に使用するなら大差はないのですが、体全身の脱毛をしたいという場合は照射面積が広く出力が高いモノを選ぶようにして下さい。

あとどの家庭用脱毛器を選んでも、熱でムダ毛に対してダメージを与えるので安全性が非常に重要ポイントとなります。安価だからと低品質の脱毛器を購入すると火傷のリスクがあるので注意しましょう。

ムダ毛をキレイにする為に脱毛をして火傷や色素沈着が出来てしまっては話になりません。家庭用脱毛器を選ぶ時には販売実績がある信頼できるメーカーの商品をお勧めします。

当サイトおすすめの脱毛器はケノンです→家庭用脱毛器ケノンの詳細はコチラ

コストパフォーマンスを確認する

脱毛器 コスパ
家庭用脱毛器を購入する際に最も気になる点の一つがコスパの良さということが出来ます。本体価格の比較だけではなく脱毛が終了するまでの間にかかる全体的なコストパフォーマンスを確認するようにしましょう。

フラッシュ式脱毛器は本体価格は安価でも実は1ショット当たりのコストが高い商品があったり、専用のジェルを購入するとかなり高額になる商品も存在するのでその点もきちんと調べておくことが大切です。

あと保証期間やアフターフォローの確認もして下さい。クリニックやエステで脱毛をすることを考えると家庭用脱毛器は安価な商品と言えますが、それでも決して安い買い物ではありません。またどの方式の商品であっても1度使用しただけで永久脱毛は不可能です。

継続的に使用して毛根にダメージを与えることにより徐々にムダ毛が薄くなるので長期的に使用する必要があると言えます。だから保証期間、アフターフォローがしっかりしている商品を選ぶようにしましょう。