クレジットカード現金化はカード会社に気づかれないことが肝心

バレずに現金化
クレジットカードのショッピング枠が十分に余っていれば、商品購入時にクレジットカードを利用することで現金化する方法があります。

クレジットカードで購入出来る商品は、換金性が高い商品以外とされているので、商品券の購入は出来ません。しかし、現金化業者を使えば、商品購入特典としてキャッシュバックを受けることが出来ます。

クレジットカードの利用規約を確認すると、ショッピング枠を使った現金化を明確に禁止していますが、少なくともキャッシュバック方式ならば法律違反とはなりません。

そこで、カード会社に気づかれないように現金化業者との間では、商品売買契約のみを行うこととすれば良いわけです。売買契約がしっかり成立していれば、商品購入特典としてキャッシュバックを実施出来ます。

問題となるのは、クレジットカード現金化を行ったとカード会社が気づいてしまうキッカケを与えることであって、余りにも目立つ不自然なクレジットカードの使い方をしないことが重要です。

クレジットカード現金化を行う前の注意点として、キャッシング枠の利用状況が挙げられます。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2種類が存在し、先にキャッシング枠を使い切ってからショッピング枠現金化を行うと、カード会社のチェックが厳しく入りかねません。

現金化業者へ任せれば、決済時に工夫をしてもらえるものの、既にショッピング枠現金化を行っていないかという監視対象となっている状態では、いくら現金化業者を利用しても見破られてしまうリスクがあります。

クレジットカード現金化を秘密裏に成功させたいならば、キャッシング枠に余裕を持たせておくことが重要です。

キャッシング枠の3割程度は利用限度額を残しておけば、クレジットカード現金化業者を利用しても、監視対象に最初から入っておらず安全な買い物を楽しめるでしょう。

自分でショッピング枠の現金化をしようと考えると、つい換金率が高い商品を繰り返し購入してしまいがちです。居住地と勤務先の通勤経路以外の新幹線回数券を複数回購入したら、明らかに不自然だと分かるでしょう。

現金化業者を最初から使えば、面倒な手間をかけることなくカード会社へショッピング枠現金化を気づかれるリスクを減らせます。

現金化業者の還元率が毎日変化する理由として、同じブランドのクレジットカードを連日使うことを避けている事情があります。

クレジットカードブランドとの兼ね合いで、還元率の相場変動があると知った上でショッピング枠現金化を行うと良いでしょう。