優良、それとも悪質?クレジットカード現金化業者の選び方とは

クレジットカード現金化業者を選ぶときのポイントとは?

現金化業者 選択
クレジットカードの現金化をする方法のひとつとして、専門の業者に依頼するというのがあります。その業者の指示通りに物を購入し、その品を先方に送付(中古品として売却)すれば、お金を振り込んでもらえるのです。自分で色々の手続きをする面倒がないので、非常に便利ですね。また、その品が相手方に届く前に、即日でお金を振り込んでもらえることが多く、キャッシング代わりにこれを利用する人はけっこういるようです。

これらの業者に買取を依頼する方法ですが、クレジットカード現金化と検索をかけていただければ多数の業者がヒットしますので、そのいずれかのホームぺージを開き、申込みフォームに必要事項を入力して送信するか、電話を掛けるかして申し込んでください。しかしどこでもOKということではありません。業者にはそれぞれ特色がありますので、それらを比べて、最もお得だと思われる業者を利用することが大切です。それでは業者選びの際に見るべきポイントはどこなのか。以下にまとめてみましたので、参考にしていただければと思います。

換金率と手数料

これが最も重要なところです。換金率と手数料は業者によって異なります。換金率が低い=手数料が高い業者もあれば、その逆もありますし、あるいはその中間もあるでしょう。その業者のホームページを見て、換金率をチェックして、高いのか、それとも安いのかを他社と見比べてみてください。

まれに換金率表を掲載していない業者もありますが、そういったところは、私は交渉型と言っておりますが、たいがい、他社より高い換金率で買い取りますというスタンスです。もちろん換金率に上限はあるでしょうけれどね。どの会社にも納得がいかないというときに電話をかけて、換金率を問い合わせてみる。そのような使い方をするのが良いでしょう。

振込可能時間や取扱銀行

次に、振込可能時間を見ます。多くの業者は、夜遅くまで振込を行っていますが、そうでないところもあります。その日のうちにお金を受け取りたいのなら、平日の15時までに時間に余裕をもって現金化の申込みをするようにしましょう。

取扱銀行は、どの業者でも基本的に国内の銀行のみとなっています。ネットバンクの口座へなら24時間いつでも振込OKとしている業者も多いですね。口座にもすぐに反映されるので、現金化を行うなら、ネットバンクを振込先に指定するのが良いでしょう。

もしあれば利用規約を読んでおく&クチコミチェック

利用したい業者が決まりましたら、申込みをする前に、一応、利用規約を読んでおくようにしましょう。それはなぜかというと、悪質な業者は、そこに「表記の換金率は〇〇円を上限として適用されます」「基本の換金率は15%です」などと書いているからです。換金率最大98%とか、そのような高換金率を謳っている業者は、悪質である可能性もゼロではないので、もしあれば利用規約を確認するようにしてください。

また、業者によっては利用規約を表示していないこともあります。イコール悪質業者とはならないのですが、利用規約の確認ができないのであれば、クチコミなどを調べて、そこが安全かどうかを調べてみてください。その業者について、詐欺とか悪質とかいうクチコミが出てきたら要注意です。少しでも怪しいと思ったら利用しないようにしましょう。

以上、クレジットカード現金化業者を選ぶ際のポイントをご紹介しました。お金に関することですから、騙されないように、慎重に業者選びをしてくださいね。

人気の現金化業者に関する記事はコチラ【クレジット現金化優良店.com