ケール青汁の成分と健康メリット


ケールは、地中海沿岸を原産地とするキャベツに類似したアブラナ科の野菜です。そしてその種類は多く、ツリーケール、スウィートグリーン、ボアコールズ、ジューシーグリーンなどがあります。しかし、その独特の苦さや香りまたは形などが取り扱いづらいため日本国内の一般的なスーパーや八百屋で見られることは滅多にありません。そのため多くの日本人にとって目に触れることのないマイナーな野菜となっています。

本来の野菜の姿としてはレアな存在のケールですが、その栄養価の高さと1年中栽培することができるメリットなどを理由として、一昔前から青汁の原材料として使用されるようになったのです。そのため、青汁と言えばケール。そのように連想される方は多いのではないでしょうか。青汁の代名詞としては日常に定着されてきました。しかし、ケールは栄養価が高くて体に良さそうだと思っている青汁の愛飲者でも、その内容を明確に把握している人は少ないことかと思います。そのため、ここでケールに含まれる特徴的な成分と、その成分による健康へのメリットを具体的に紹介したいと思います。

最初に、睡眠リズムの正常化作用があります。ケールに含まれるメラトニンの成分が、現代人がバランスを崩しやすい睡眠リズムまたは体内時計をコントロールしてくれるのです。さらには睡眠の質自体も向上されるので、深く眠れて大きな睡眠回復ができるようになります。

次に、体内の殺菌効果があります。イソチオシアネートの成分が、大腸菌やピロリ菌などの悪性の菌に対して殺菌効果が働き、体内を健康に保つようにします。また、がん細胞に対しても増殖を制御する効果も期待されているのです。そして、整腸効果もあります。豊富に含有されている食物繊維は、腸内環境を整えた上に働きも促進され、以前よりも腸内の状態が良くなることさえ期待できるのです。

また、頑強な骨を形成する効果もあります。カルシウムとマグネシウムの含有量は他の青汁の原材料と比較してもはるかに多く、骨や歯の形成に非常に有効です。小さな子供から老人まで骨の成長、もしくは骨の強さの維持は誰にとっても大事なことです。さらには、目の健康も保ってくれます。成分ルテインも豊富に含まれており、現代病と言える眼精疲労の改善だけでなく、夜盲症や紫外線に対する負担までも軽減してくれるのです。

最後に、アンチエイジング効果を挙げます。これは単純に見た目の美容的な問題だけではなく、誰しも年月を重ねることで衰えていく体内全ての細胞に対する老化防止という重大な意味があるのです。このことは、ケールに含まれているビタミンA、C、Eなどの抗酸化作用の高い成分が体に有効に働いてくれるのです。

ケールの青汁は独特の苦さから敬遠されてきた人も多いでしょうが、近年は研究開発も進んで味は大幅に改良されて飲みやすくなっています。今まで敬遠してた人も、いまだ試したこともない人も、健康に大きなメリットのあるケールの青汁にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

注目の人気青汁pickup!【やわた 青汁